キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

コーヒー界の゛Apple゛「ブルーボトルコーヒー」

ノンカテゴリ

コーヒー界の゛Apple゛「ブルーボトルコーヒー」
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

2015年2月、アメリカで大人気のコーヒーブランド『ブルーボトルコーヒー』がついに日本に上陸しました。

ちょっとリッチなコーヒーカフェで、「個人の香りがするコーヒーチェーン」をコンセプトにしており、挽きたてドリップコーヒーやエスプレッソを目の前で一杯ずつ淹れてくれるというスタイルで人気を集めています。
ブルーボトルコーヒーの歴史2002年、クラリネット奏者だったジェームス・フリーマンさんはまず自宅のガレージにロースタリー(焙煎所)を造りました。
そして、新鮮なコーヒーを提供するというスタイルで、鮮度とクオリティーをキープしたコーヒーショップを確立させ、瞬く間に注目を集めていくのです。

その後2005年にヘイズバレーにある友人のガレージでキオスクタイプのショップをオープン、2010年にはコーヒーカルチャーの広がるニューヨークに初出店しました。

現在では、
ニューヨークに7店舗
ロサンゼルスに4店舗
サンフランシスコオークランドのようなベイエリアに11店舗展開しています。海外初出店は東京都清澄白河(きよすみしらかわ)でオープン。
表参道や銀座などの注目スポットに出店しなかった理由は、最初の過大な注目を避けるためとブルーボトルコーヒーであるためのスペースを確保できたためなのだそう。
それでもオープンは200人以上の行列ができ、4時間待ちも出るほどの注目を集めました。

お店の中に入ると、まず開放的でおしゃれな空間が広がります。
そしてこちらの店舗では奥でコーヒー豆を焙煎しているため、店内に入ると良い香りが漂ってくるんです。オープンキッチンになっているので、目の前で“自分のために淹れてくれるコーヒー”を目で見て楽しむことができるのも嬉しいですね。

◆清澄白河ロースタリー&カフェ
【住所】東京都江東区平野 1-4-8
【電話番号】
【営業時間】 8:00~19:00
【定休日】年中無休
【カフェ席数】 8席
日本1号店オープンから1ヶ月後、表参道に青山カフェがオープン。表参道駅から徒歩3分の好立地でありながら、静かなエリアでブルーボトルコーヒーのイメージに合った佇まいです。
焙煎工場メインの清澄白河店とは違い、テラス席やソファ席もある広い空間でコーヒーを楽しむことができます。青山カフェ限定のフードもあるので、コーヒータイムだけでなくランチにもおすすめ。
青山カフェ限定グッズもかわいいので注目ですよ。

◆青山カフェ
【住所】東京都港区南青山 3-13-14 2F
【電話番号】非公開
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】年中無休
【カフェ席数】 70席その1年後、新宿にもカフェがオープンしました。新宿駅南口「NEWoMan」中にあり、行列ができるほどの大混雑になっています。他の2店舗と異なるのは、ビジネスの街にあるということ。
ゆったりとしたカフェタイムを楽しむというよりは、コーヒースタンドとして重宝されるのではないでしょうか。

店内は白を基調とした清潔感が感じられる作りで、スタイリッシュでありながら木のあたたかさも漂います。
新宿カフェ限定のフード(サンドイッチ)やグッズ(keep cupやてぬぐい)もあるので、他の店舗の常連さんでもきっと楽しめるはずですよ。

◆新宿カフェ
【住所】東京都新宿区新宿 4-1-6
【電話番号】03-5315-4803
【営業時間】8:00~22:00
【定休日】年中無休
【カフェ席数】 45席

他のコーヒー店とどう違うの?
コーヒー好きへ向けたメニューライン
他のチェーン店と比べて、コーヒー以外のメニューが少ないのもコーヒーを売りにするブルーボトルらしさのひとつです。
コーヒーベースに甘めのフレーバーのものも人気ですが、ブルーボトルではコーヒーまたはコーヒー+ミルクがほとんど。日替わりで豆の種類が変わるのも何度も訪れたくなりますね。コーヒーをシンプルに味わいたい人には特におすすめです。

少ないですが、レモネードやココアといったコーヒーでないドリンクもあるので、コーヒーが飲めないお友達と一緒に訪れても大丈夫ですよ。

コーヒー豆、焙煎へのこだわり

厳選したオーガニックの豆を自家焙煎して使っています。

焙煎にこだわって近くに焙煎所があることが出店の決め手にもなっているほど。浅煎りの加減にもこだわっているようです。焙煎した後も一番おいしい状態になるまで、淹れ方によって4~10日休ませているのだそう。十分な香りも提供する秘訣なんですね。

ハンドドリップへのこだわり
熟練されたバリスタが淹れたようなコーヒーがコーヒースタンドで飲める。

古くからある喫茶店でバリスタがひとりひとりに淹れるような感覚で出せるように、スタッフも厳選されています。また専用のスケールを使って、コーヒーと湯の量、時間を測りながらドリップすることで、個人差の出やすいハンドドリップでも均一なクオリティのドリップコーヒーが提供できるんですね。

サードウェーブコーヒーを気軽に飲めるスタイルを作ったのは、ブルーボトルコーヒーだったのではないでしょうか。
他のコーヒーショップとは数十円~200円弱の差もありますが納得できます。ファストコーヒーショップでは番号で呼ばれるのがほとんどですよね。ブルーボトルコーヒーではアメリカでよくあるような、注文時に聞かれた名前で呼ばれるスタイルなんです。
気持ちの良い接客の良さも、ちょっと嬉しいところではないでしょうか。



















出典 http://cafy.jp

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ